日月潭 - 玉山塔塔加チャレンジ - 活動簡章
加入「伊貝特報名網」粉絲團,獲得最新活動訊息!
 
日月潭Come!Bikeday
日月潭 - 玉山塔塔加チャレンジ
 
「2018日月潭-玉山塔塔加チャレンジ」は、台湾中部に位置する日月潭よりスタートして、国内最高峰である玉山・塔塔加鞍部まで、全長80km、標高差2,500mを一気に駆け登るという上級者向けの過酷なコースです。台湾で二番目に標高の高い道路-玉山塔塔加鞍部(標高2,613m)へのチャレンジは、激坂を目指すサイクリストにはオススメのコース。ご自身の実力を試したい方は、是非ご参加ください。風光明媚な日月潭から台湾最高の玉山山脈までを駆け登るチャレンジの旅は、これまでとは異なる体験が味わえることでしょう。本イベントは中華民国自行車騎士協会の満点星チャレンジシリーズの一つであり、レース結果の優劣を競うイベントではありません。自分自身と戦いながら、新たな自分を発掘し、新記録を塗り替える醍醐味を味わってみませんか。
一、 指導:交通部観光局
二、 主催:交通部観光局日月潭国家風景区管理処
三、 請負:中華民国自行車騎士協会
四、 協賛:南投県政府、南投県政府警察局、魚池郷役場、水里郷役場、信義郷役場、埔里農会、ジャイアント、日月潭水社ジャイアントレンタサイクルショップ、メリダ愛騎自転車中興店、向山レンタル自転車レジャー広場、日月潭センターサイクルショップ、松錳レンタサイクル日月潭店。
五、 開催日:2018年11月17日(土曜日)
六、 集合場所:日月潭向山ビジターセンター
七、 プログラム:
AM 06:00 参加者受付
AM 06:30 注意事項の説明
AM 07:00 スタート (計測チップによる計測開始)、向山ビジターセンター
PM 13:00 ゴール到着制限時間の終了、玉山塔塔加ビジターセンター
八、 チャレンジコース:日月潭向山ビジターセンター-台21、台16線の合流点-台21線、台16線-台21線-新山村-信義-同富-望高茶園景観レストラン-夫妻樹-塔塔加ビジターセンター、全長約80km、標高差約2,500m。
九、 エイドステーション:第一エイド:望高茶園景観レストラン、第二エイド:台21線131.4km地点(観山)。
十、 参加資格:15歳以上の健康な方で、長距離サイクリングの経験があり、完走を目指すチャレンジャー。
十一、 組分け:本イベントの組分けはありません。成績は申込時に自動的に組分けされる年齢別で発表します。お申込みの際は、生年月日をお間違いのないようご記入ください。なお、タイヤ径が20インチ以下の自転車、または折りたたみの自転車での参加はできません。
十二、 参加費:お一人600元+計測チップの保証金1,000元(保証金はイベント終了後、チップと引き換えに全額を返金します)の合計1,600元。参加費に含まれるもの:ゼッケン、昼食券、抽選券、エイドステーション、完走メダル、電子完走証明書、記念Tシャツ、スポーツ用ヘッドスカーフ、保険。
十三、 計測チップ保証金:保証金は計測チップと引き換えに返金します。なお、チップを紛失した場合には、賠償金としてチップ一枚につき、1,000元をお支払いいただきます。
十四、 お申込み方法:
 
(一) インターネットからのお申込みのみ受け付けます。
(二) お申込み締切日:即日より2018年10月22日まで。(定員になり次第受付終了)。
十五、 表彰:
 
(一) 参加者全員に完走メダルを授与いたします。
(二) 制限時間内に完走した参加者全員に電子完走証明書を授与いたします。(電子証明書のダウンロードの仕方:イベント終了の三日後に、協会公式サイトから〝成績査詢〞をクリックすると、成績が調べられる他、プリントアウトすることができます。)
(三) 楽しく安全に参加していただくために、本イベントでは以下の表彰式をゴール会場にて行います。
 「最佳団体賞」-最も協力し合い、強いチームワークと団結心を持ったチーム。
 「最佳精神賞」-スポーツマン精神を貫いた個人または団体。
(四) 2018満天星「大満貫」記念:2018年満天星チャレンジシリーズの8つ全てに参加し、完走したサイクリストには、11月18日に「2018年満天星チャレンジシリーズ大満貫」賞のメダルと、賞状、満貫サイクル記念ウェアを授与いたします。
(五) 「満天星超級満天賞」記念:5年間一度も欠かさずに満点星チャレンジに参加したサイクリストには、2018年の年末に行われる授賞式にて「満天星超級満天賞」を授与いたします。
十六、 参加にあたっての注意事項:
 
1. 参加者は自分の意思により中華民国自行車騎士協会が開催する自転車チャレンジイベントへの参加を決めてください。
2. 参加者は主催者が提供したイベントに関する要項や注意事項、参加資格を熟読し、イベントのルールや注意事項などを理解したものとし、異議申し立てはしないこととします。
3. 申込者の権益を守るために、お申込みされていない人は、選手への付き添いやエイドステーションのご使用はご遠慮ください。
4. 下り坂を走行する際は、速度を落とし、決して追い越しはせず、安全運転を心がけてください。
5. 雨の日などは、道路の白線部分が滑りやすくなり危険です。白線の上を走行しないで安全運転を心がけてください。
6. イベント中は、自分の実力と健康状態を照らし合わせながら走行してください。気分が悪くなった時は、道路脇の安全な場所に移動して休息をとるなど、決して無理はしないでください。
7. 山側コースは落石などが起こりやすい場所です。参加者は申し込む際に「イベントリスク書(誓約書)」を熟読し、同意の上、ご署名ください。なお、「イベントリスク書(誓約書)」の内容に何らかの懸念のある方、同意されない方は参加をご遠慮ください。
8. 本会のスタッフは、参加者の体調や道路状況などにより、ゴールまで距離のある参加者に対して途中で走行を止めたり、イベントを中止させたりする権利を有します。また、これに対して参加者は意義申し立てをすることはできません。
9. 自転車のブレーキは、制動機能が充分に作動するものでなければなりません。ロードバイクやマウンテンバイク以外の車種の使用は禁止します。
10. 参加者は、イベント開催中、自転車専用ヘルメットを正しく着用してください。
11. 参加者は、パンクや故障が起きた時のために、チューブや修理キット等の装備をご持参ください。
12. 水筒は自転車専用のサイクルボトルを使用し、走行中に水筒が落ちて後方のサイクリストに影響が出ないようにしてください。スタート前にボトルホルダーを調整し、ボトルがしっかり固定されているか確認してください。
13. トンネルの中や霧が濃い道路を通行する時のために、参加者は自転車に「ヘッドライトとテールライト」を取り付けてください。
14. 参加者はイベント前に、自転車のブレーキやタイヤ、各パーツの状況をしっかり点検し、自転車をベストコンディションに仕上げて、安全を確保してください。
15. イベント中、互いに助け合い、完走の喜びを分かち合えるよう二人以上のチームで参加されることをお勧めします。
16. 本イベントは、優劣を競うレースではないので、イベント開催中、(他の通行人を除外するような)交通規制は実施しません。一部スタッフが誘導する区間がありますので、参加者はスタッフの指示に従い、交通ルールを守って、道路端を前方へ走行し、安全を確保してください。
17. 全ての参加者は交通ルールを守り標識に従って、道路の右側もしくは端を走行し、逆走はしないでください。自転車は道路交通法において軽車両と位置づけられています。交通ルールや標識を無視して事故を起こしたり、管轄機関から交通反則告知書を切られたりした場合は、その法的責任の一切を参加者が負うものとします。また違反者に対しては、成績授与の取り消しと今後イベントへの参加ができなくなりますので特に注意してください。
18. イベント終了後、参加者が勝手に自転車で下山することは禁止されています。下山する際は、隊車(シャトル車)で下山してください。隊車(シャトル車)のない場合は、本会が提供する下山シャトルバス(有料)をご利用ください。詳細は公式サイトをご覧ください。万一、参加者がこの規定に従わず事故を起こした場合、主催者は一切の責任を負いません。
19. ゴール地点の標高は2,618mで、高山病にかかりやすい場所となっています。参加者は高山病の症状を認識し、症状がないか十分に注意を払ってください。
20. チャレンジコースの後半は、気温が下がりますので、参加者はサイクリング中、注意を払い、ゴール到着後は体を温めてください。
21. 参加者は健康保険証または身分証明書を携帯してください。ケガをした時は当日手当てを受け、診断書と領収書をもらってください。保険申請に必要となります。
22. この自転車チャレンジは、危険性の高い過酷なイベントです。参加者はご自身の体調をよく考慮し、イベントに伴う危険性を認識したうえで、お申込みください。高血圧や心臓血管など循環器系に疾患をお持ちの方、心臓病、糖尿病、てんかん、喘息などの持病をお持ちの方、その他疾患により激しい運動に適さない方の参加はご遠慮ください。(参加者は上記の症状がないかご自身で判断してください。症状がありながら参加を決意され、それが原因で事故が起きた場合、主催者は賠償責任を一切負わないものとします。)
23. 参加者はイベント開催中に転倒または衝突などの事故が起きる危険性を認識して臨んでください。万一、事故が起きても、主催者は保険賠償以外のその他責任を一切負いません。
24. 主催者は今回のチャレンジイベントに対し、参加者一人につき、NT$200万元の「旅行安心保険」に加入しています。何らかの疾患をお持ちの参加者は、ご自身の安全を慎重に考慮し、参加するか否かを決めてください。なお、保険の補償内容が不十分と思われる場合は、独自に保険に加入してください。「旅行安心保険」の詳細については、添付資料1(ここをクリック)をご覧ください。保険金の支払限度額は、保険証券に記載されている金額とし、主催者は保険の限度額を超える補償は致しません。加入する保険の補償内容や項目、金額などに同意されない方は、本イベントへの参加をお断り致します。
25. 本イベントは、内政部の関連規定によりNT$500万元の「公共意外責任保険」に加入しています。「公共意外責任保険」は、大会の責任範囲においてイベント開催中に起きた外傷に対する賠償のみとします。何らかの疾患をお持ちの参加者は、ご自身の安全を慎重に考慮し、参加するか否かを決めてください。なお、保険の補償内容が不十分と思われる場合は、独自に保険にご加入ください。「公共意外責任保険」の詳細については、添付資料2(ここをクリック)をご覧ください。保険金の支払限度額は、保険証券に記載されている金額とし、主催者は保険の限度額を超える補償は致しません。加入する保険の補償内容や項目、金額などに同意されない方は、本イベントへの参加をお断り致します。
26. 保険法により、15歳未満の未成年者が生命保険あるいは傷害保険の被保険者となる場合、死亡に対する賠償は含まれません。
27. 本イベントは、優劣を競うレースではなく、自分にチャレンジするというイベントですので、イベント開催中は、(他の通行人を除外するような)交通規制はなく、隊車がコースを走行しています。他人や車輌(参加者、その他の隊車あるいは他の通行人、車)などの交通事故が発生したときは、通常の交通事故と同様に警察に通報し、対応してください。主催者はこのような交通事故に関する一切の責任は負いません。
28. 参加者は申込書に記載した個人情報に相違ないと認めたものとみなされます。情報の誤りによって被る一切の結果は、情報提供を行ったご自身で責任を負ってください。
29. 天候不良でやむを得ず、終了時間を早めたり、ゴール変更の必要が生じたりした場合は、イベントが始まる前に大会から発表致します。
30. イベント開催中に台風やその他不可抗力による天災や事情が発生した場合、大会は安全を考慮し、イベントの取り消しや延期、もしくはコースの変更などを決定する権利を有するものとします。参加者は主催者が参加者にとって最も有利だと判断した措置に対して同意し、大会主催者はその情報を別途発表するものとします。
31. 主催者は、このイベントにて録画された映像や写真、成績などを世界各地にて、放送または発表、展示、ウェブサイトや刊行物への掲載ができる権利を有するものとします。参加者はご自身の肖像や成績がメディア/ウェブサイトなどでイベントの宣伝・広報活動に使用されることに同意したものとみなされます。
32. 参加者はサイクリストとして自然環境を保護し、ごみはむやみに捨てないように心がけてください。
33. 本イベントの開催方法に関して、定めのない事項や変更内容があった場合は、主催者が随時、追加修正できるものとします。
34. 本イベントに関する最新情報は、「参加者ゼッケン名簿」や「注意事項」を含めて、日月潭Come! Bikedayシリーズイベントの公式サイト及び本会のホームページやフェイスブックにて随時更新されますので、こまめにご確認ください。
十七、 お問い合わせ先:中華民国自行車騎士協会 (02)8919-3595
公式サイト:www.cyclist.org.tw
十八、 スタートからの方向指示マップ
 
十九、 高低差マップ
 
二十、 コースマップ